ピアノ先生ブログ

すべて、預けてください。

2012-10-28

ただいま、私自身も、生徒さんたちも発表会にむけて邁進中です。

そして、親御さんもいつも以上に一生懸命です。

そして、ぶつかります。お子さんと…(´д`)

そんなときは、任せてください、こちらへ。

親子だと、お互いに譲らないところが、

他人の私だと、そんなわけにも行きませんので、なんとかなります。

発表会まえの緊張感、何度も経験してきました。

それまでの準備(練習)は当然のことですが、開き直りも大切です。

開き直りといっても、中途半端に投げ出すわけではなく、覚悟ですね。

心配ばかりでは、前に進めません。

発表会ごとに、すこしずつでも生徒さんに【自立】してもらうのが目的です。

なので、親御さんに練習させるように言ってください、とはお願いしません。

そのかわり、余分にレッスンに来ていただくことはありますが…、

直接、伝える方が結局は近道です。

ラストスパート、頑張りましょう!


みっちり練習!

2012-09-30

名古屋は、台風が近づいています。

少しずつ雨がひどくなってます、家の中にいても気分的に落ち着きませんね。

何事もなく過ぎ去っていくことを願います。

さて、発表会に向けて1に練習!2に練習!ですが、

部活もしていたりすると、帰りも遅くなり、学校の宿題、塾の宿題と

忙しい生徒たちです。

そんな中での練習、ピアノは音の出るものなのでいつでもとはいきませんね。

電子ピアノの場合は、音を落としたり、ヘッドフォンだったりで出来たりします。

いつもヘッドフォンだったりはあまりお勧めできませんが。

いつも、真面目なある生徒は、部活が忙しく今週は練習ができなかった、

とやってきました。

スケジュールを細かく聞いてみて、隙間に練習を提案。

その生徒さんの場合、練習というものは、ピアノに向かって30分~1時間、

みっちりとが練習!と信じて疑わなかったようです。

学校から帰って、塾へ行くまでのほんの5分~10分、部分練習でやってみて、

と提案。それなら毎日できそうと安心して帰っていきました。

1週間に1日1時間2時間より、短い時間でも毎日ピアノに触っている方が

効果があると思います。

ピアノの練習って日々の訓練なのです。ピアノに限ってはない事ですが。

スポーツでも、勉強でもそうですよね。

と自分にも言い聞かせます(>_<)


やる気!

2012-09-04

夏休みも終わりましたね~、一気にまわりの空気感まで「秋」って雰囲気です。

今年の夏も暑かったですね、夏休み中レッスンに頑張る子供たちも疲れ気味でした。

開口一番「疲れた~(o´Д`)=з」ってなかんじ、

私も「そうだね~」っなんて言ってる場合ではないのですが・・・。

そろそろ、発表会準備に取り掛からなくては~!

今時、習い事2.3つは当たり前の時代です、

忙しい子どもたちを さらに忙しくさせてしまいます。

でも、なぜが、がぜんやる気になる子どもたち!

いつもと違う緊張感みなぎってます。

いつものように「練習~。」なんて言わなくとも

仕上げてきます!

準備は大変ですが、やる気になる子どもたちを見ていると

私もがんばろ~ってなります。

音楽を楽しめるって幸せですね。


怒らないで、お母さん!

2012-06-22

保護者の方へのお願いです。

昨日は、小学校トワイライトの事業ボランティアの日でした。

いつも元気な男の子がいます、(どこにでもいますね)

最近、様子が変だな~と思ってました、何かにつけてつっかかってきます。

やめてと言えば、さらに・・・、よくある光景です。

でも、何かちがうな~最近・・・、と思ってました。

よく聞いてみると、おうちでお母さんの対応が最近きつい。

(本人目線です、大人の目線ではそんなわけでもない感じでした)

子供の体調・気分で感じ方も違うんでしょうね~。

そこで、「えらいね~、でもお母さんの言うこと聞いてやっているんでしょ~?」

と、頭をなでなで・・・、わかり易いくらいすぐに静かになって、お勉強始めました。

お母さんも子供も一生懸命がわかるので、何とかいい方向にと思います。

ちょっとのすれ違いなので。

子供によって、表し方は様々ですが、

わがままにもほんのちょっとだけ(やりすぎはいけませんよ)

子供目線に、下りてみてはいかがでしょう。

親御さん自身もホッとするはずですよ。


怒る?

2012-06-13

こんにちは

みなさんは、おけいこ事の体験などに行かれて、お教室を決める時の「決めて」って何ですか?

体験から、入会を決めてくださったお母様が「怒らないから」と言うことをおっしゃってました。

???

ピアノを教えてきて16年ほどになりますが、怒ったことは一度もありません。

がまんしているわけではなく、怒らなければいけないことなんてありません。

幼稚園、学校ではやるべきことのワクがあリますので、外れるとダメと言われてしまいます。

それはそれ、社会性を身に付けなきゃいけませんから。

マンツーマンのレッスンでは、細かくフォローできます、それがマンツーマンの良さですし

扱っているものが音楽ですので、最優先事項は楽しむことです。

何より私が一番楽しんでいるかもしれないくらいです、子供の可能性って素晴らしいですよ。

ご入会ありがとうございます、一緒に楽しみましょうね。


Copyright© 2011-2019 茶屋ヶ坂ピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com